いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

上野駅18番線の思い出

上野駅についての記事は何度も書いていますが、いつまでも記憶が色褪せない聖地です。

前回は13番線について書きましたが、今回は同じ地平ホームでも反対側の18番線です。

上野駅地平ホームはかつて20番線などもありましたが、新幹線工事で廃止されて18番線までになりました。13番線は薄暗い地平ホームのイメージそのままの場所で、晩年の夜行列車やカシオペア、四季島は全てここから旅立ったこともあり、地平ホームの中では最も語られることが多いと思います。また、15番線は真上に常磐線の12番線が二階建てとなり、これも上野駅地平ホームらしい場所です。

18番線は主に常磐線優等列車が発着した新幹線開業後は一番奥のホームとなり、ここはここで上野駅地平ホームを体現するような風景が展開されました。
90年代に印象にあるのは、特急ひたちやスーパーひたちが常にいたことです。

信越本線特急あさまとは、毎時0分?の同時発車を結構晩年までやっていたような気がします。

そしてホームの青森方からは、北へ旅立とうとするブルトレの勇姿を見ることができました。背景の詰所の建物や、スラブ軌道化されたレールに給水のパイプなど、全体的に国鉄の大きな駅の雰囲気満点の写真が、今も検索に多くヒットします。特に北斗星運行直前の金帯客車が混ざった「ゆうづる」はよいですね。







↑この「効果音」って、どういう商品なのでしょうか、、、?








←〈たまに絶版品Bトレが信じられない安さで出品されたりしてます〉
これから新規登録される方は招待コードBUFJXXを入れていただくとポイントがもらえます。

さて、現在の上野駅ですが、上野東京ラインの開業によりターミナルとしての機能は失われつつあります。
18番線は廃止され、青森方の事務所へ行くための通路になっています。線路は剥がされ東京方は埋められていますが、青森方先端のホームには往時の面影を残しています。


↑右の奥が18番線ホームの青森方先端です。

↑剥がされたレールと今も残る給水設備

↑かつて「ゆうづる」が旅立ったホームと後ろの詰所と、17番線から見た旧18番線後に作られた建物

↑東京方は埋められています。

90年代に18番線から撮影した「つばさ」です。1500番代クハがカッコよいです。

こちらもご覧下さい
・懐かしの常磐線上野口
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/04/26/194207
上野駅13番線
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/03/29/130330
プラレール上野駅
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/02/144806
上野駅を作る3
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/01/125205
上野駅を作る2
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/01/121603
上野駅を作る1
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/01/111839

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング

キハ85の先頭車の増結

Bトレのキハ85ワイドビューひだ・南紀」は、全製品の中でも屈指の完成度の高さだと思います。
※前回の記事はこちら↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/02/09/152924

キハ85で遊ぶ際にやってみたいのが、よく鉄道写真で見る、貫通型の先頭車を何両も増結した姿です。一両単位で増結する姿は気動車ならではです。

Bトレキハ85の製品は、最近は新品を見ることもなくなりましたが、貫通型のキハ85-100はキロハとカップリングされた「Bセット」に入ってますので、数を必要としないキロハのことを考えると、キハ85-100を連ねた編成を組む難易度は高かったのだと思います。中古も貫通型先頭車はなかなか出会えません。

今回、非貫通型の先頭車と、貫通型の前面パーツを中古で見つけたので、増結用に組んでみました。

←〈たまに絶版品Bトレが信じられない安さで出品されたりしてます〉
これから新規登録される方は招待コードBUFJXXを入れていただくとポイントがもらえます。

キハ85はスカート側にもモールドがあり、ライトの内部の表現などがついた立体的なものです。車両の内部ブロックパーツへのリブもスカート裏側についています。

非貫通型お面パーツを貫通型パーツに交換しましたが、他から流用した黒いブロックパーツは、出っ張りを少し削らないとお面がぴったりハマりませんでした。

さて、N化にあたって、この出来の良いスカートはできれば削りたくありません。
カトーのトレーラー台車(通勤2)にカトーカプラーのナックル型をつけてみました。

キハ85-100の製品のスカートは、非貫通型のものに比べて切り欠きが最初から大きく取られており、もしかしたらN化を意識した設計なのかも知れません。
素直に組むと下の写真のようになりました。

これでトミックス のC103を通過するとこのようになります。

裏側を見るとカプラーの根元にちょうどスカートが来るので、割と急カーブには強い気がします。

次にこれを連結した状態で試します。

トミックス のC140とC103を同じ向きにつなげた区間では、特に問題ないように見えました。

次にこれらを逆につなぎ、かなり条件的に厳しいS字を作りました。

これは下の写真のように、貫通型先頭車が押される際にS字の真ん中で少し車輪が浮くようです。

さすがに当鉄道にもここまで条件のキツイ線形はありませんが、今後試運転しながら様子を見ようと思います。

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング

こだま色のクリーム4号

Bトレの183-1000系の色がどうしても他のものとあわず、いろいろ直しています。国鉄色は奥が深いです、、、

他のものより赤2号がかなり薄く、クリーム4号がかなり浅黒くなっていますので、前回は赤2号だけをグリーンマックスの缶スプレーで上塗りしました。
記事はこちら↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/05/04/183426
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/02/08/090453

赤が濃くなって全体的に締まりが出て良い感じなのですが、やはりクリーム4号は濃く、「色黒」という感じでした。今回はグリーンマックスのクリーム4号の缶スプレーを入手しましたので、クリーム部分に上塗りしてみました。(ちなみにピースコンは持ってませんし調色技術がありません、、、)



右&上が塗る前、左&下が塗った後です。

←〈たまに絶版品Bトレが信じられない安さで出品されたりしてます〉
これから新規登録される方は招待コードBUFJXXを入れていただくとポイントがもらえます。

こだま色は先頭車のマスキングが大変ですが、もともと塗ってあるラインにあわせて、重ね吹きするということであまり細部ギリギリを攻めないようにしました。でも大変でした、、、




グリーンマックスのクリーム4号は、かなり白めで、今回の色黒183系を修正するという主旨にはかなっていますが、黄色味が少し足りない気もします。Bトレ485系などはかなり黄色いので余計に目立ちます。


この妻面は上から、
・Bトレ183-1000製品まま
・上記にグリーンマックスのクリーム4号塗布
・Bトレ485系製品まま
です。
こんな感じです↓

相変わらずBトレ485系などとは色が揃いませんが、「なんか色黒だなあ」という状態は解決したのでこれでヨシとします。

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング

ポケットライン動力にコアレスモーター搭載予定!

2019静岡ホビーショーでは、ついにBトレ出展が一切なくなったようです。そんな中で数少ない良い話題が「カトーのポケットラインの動力にコアレスモーター搭載」です。


(HPのスクショです)
https://www.katomodels.com/product/n/chibiloco

ポケットラインと言えば、自分が数十年前にNゲージをやっていた頃から存在し、形もラインナップも変わっていません(今回、客車のデッキがリファインされるようですね)。Bトレだけでなく、元々ナローやその他の改造用としても一定の需要があるということなのでしょうか。

Nゲージ界の新製品や技術情報には疎いのですが(最新の記憶はカトーのEF81にフライホイールが搭載された頃です)、コアレスモーターは最近のトミックス 、グリーンマックス、カトーなど各社の動力に搭載されているようです。

当鉄道にもBトレきかんしゃトーマスとカトーC12(コアレスモーター)の動力を組み合わせたC11がいますが、実によく走ります。
※C11についてはこちらをご覧下さい。
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2018/12/31/224955

この体感と、ネットで調べた感じですと、以下のような特長があるようです。
・モーターが小型
・起動電圧が低くスローが効く(常点灯用の交流電源だと、わずかな点灯用電圧でも動いてしまい、困ってしまうほどのようです。)
・たぶんフライホイールとセットの構造(カトーC12はそうです)
・トルクと牽引力がある。

これはショーティやナローなどの小型モデルにとってはかなり良いのではないでしょうか?

問題は2軸で集電に課題がある点と、見た目です。

←〈たまに絶版品Bトレが信じられない安さで出品されたりしてます〉
これから新規登録される方は招待コードBUFJXXを入れていただくとポイントがもらえます。

もともとポケットライン動力は、2軸集電、2軸駆動でタイヤ口径も大きく、かなりの牽引力と走行安定性を持っていました。4軸集電、2軸駆動のカトーBトレ動力よりも倍くらいのBトレ客車の牽引が可能です。
スロースタート可能、フライホイールで惰性が効くとすれば、2軸集電の弱点はかなり克服されます。


↑これらは現行品です。秋のリニューアル発売に向けて在庫を減らしていく方向かと思います。

今後、仮にBトレ用バンダイ動力やカトー動力が絶版になっても、このポケットライン動力は継続して販売される可能性が高いです。しかもコアレスモーターの高性能な走りで。
まだ、動力単品としてのラインナップがあるか、などは情報がないようですが、期待しつつ、2軸の見た目をどのように手当てできるか考えようと思います。

※動力化ネタは、以下もご覧下さい。

・【N化】電気機関車のN化について
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/02/122707

電気機関車のN化とスカートについて
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/05/12/112629

電気機関車のN化その3
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/05/12/225549

電気機関車のN化その4
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/05/14/005722


鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング

Bトレバンダイ動力のトミックス ポイント脱線対策の新説

Bトレ機関車のN化については過去の記事でバンダイ4軸動力をかなり推させていただいています。しかし、いまいちこれがトミックス のポイントと相性が悪く脱線しやすいのです。

過去の記事でもいろいろなことを考えて検証しました。
過去の記事はこちら↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/11/180808

この時は主にポイント側のトングレールの高さが低く、乗り上げてしまうことと、動力車側の台車になにか干渉があり、ポイント部分での正しい走行を妨げられていることを疑いました。

今回写真のDF50を久し振りに走らせたところ、何度やってもトミックス のP280-30のカーブ側に行かずに最初の台車が乗り上げて脱線する症状となりました。

まずは台車の干渉を疑い、ボディを外し、ウエイトを外し、機関車内部ブロックを外し、各種固定用のテープ類を全部剥がし、台車レリーフを外し、、、

結局、製品購入状態に戻しても、脱線は解消されませんでした。

これは製品の個体差かと諦めかけていたころ、、、

←〈たまに絶版品Bトレが信じられない安さで出品されたりしてます〉
これから新規登録される方は招待コードBUFJXXを入れていただくとポイントがもらえます。


快調に走る同じバンダイ動力との違いを見つけるべく、車輪フランジの高さの違いなどを観察しているときに見つけました。




ガニ股でした。





車軸ピンの中央パイプへの押し込みが緩み?、軌間が少しだけ広がっていました。これは、レールへの横圧に直結しそうです。
指で両輪をぎゅ!と押し込んだところ、嘘のように快調になりました。

以前の記事などでの原因仮説は、それはそれでありそうですが、こんな単純な理由でも脱線原因になりますので、同じ悩みをお持ちの方は一応チェックされると良いと思います。

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング

【Bトレ改造】ワム90000とトム50000

前回ワム80000をBトレ機関車とバランスを取って40mmに縮め、急カーブのS字での脱線問題も解決させました。
詳しくはこちら↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/05/15/010956

今回はさらに二軸貨車のショーティー化を進めます。今回切られたのは、ワム90000とトム50000です。

前回の記事で書きました通り、ワム80000の長大編成は鮮明に覚えていますが、二軸貨車の雑多な編成というのは、あまり見覚えがありません。
調べると今回の二形式は国鉄の代表的な有蓋車、無蓋車ながら、1985年ごろには全廃されているようです。
このへんを調べだすと奥が深すぎてヤバイ感じがします。自分は貨車の型式番号の付与ルールもよくわかっておりません。

←〈たまに絶版品Bトレが信じられない安さで出品されたりしてます〉
これから新規登録される方は招待コードBUFJXXを入れていただくとポイントがもらえます。

工作ですが、前回記事の通りのノリでガシガシ進めます。ワムは扉を中央に保ったまま縮めるのは大変なので、扉をオフセットさせてしまいました。片側だけ見て刃を入れたところ、反対側はドアレール側を縮めることに、、、。これでは扉は開きません。


そんなわけでかなり年代物の中古品の貨車を縮めて、二軸貨車の編成が少し伸びてきました。





蒸気やDF50なんかと相性が良さそうです。そのうちED62などを作って牽かせたいものです。

写真にあるように、割と近代的なタキ43000やコキと混結するのかは非常に怪しいですが、とりあえず雰囲気を楽しむことにします。


Nゲージの2軸貨車、意外に安いんですね。

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村
鉄道模型ランキング

【Bトレ改造】ワムハチの長さはどうあるべきか

今回は貨物の話題です。

Bトレの貨物車両は、コンテナとタンクとボギー有蓋車が製品化されています。後発ユーザー的にはボギー有蓋車はほとんど中古で出会えません。また、コンテナやタンクも比較的値段が高めの気がします。その割に、N化するにあたってカトー製トレーラー台車が素直に装着でなかったり、軽すぎて脱線を頻発したり、手強い存在です。

そんな中、自分にとっては「ザ・貨物」なワム80000ですが、まあ車体も短いので、当鉄道にもNゲージ純正品を無改造で導入しました。しかし、Bトレ専用レイアウトの当鉄道を走るにあたり、C140やS字でカプラー首振りが足りずに脱線してしまいます。二軸車はボギー車のようには台車回転によるカプラー位置移動がされませんので、二軸と言えど、ボギー車よりカーブに弱いものになっていました。

もともとNゲージのワム80000は、Bトレ世界では長さ的にワキ5000です。ボギー台車に付け替えることも考えましたが、やはり幼少のころからの貨物と言えば、ワキ5000ではなくワム80000です。これをBトレ世界に相応しい長さに縮めることにしました。

←〈たまに絶版品Bトレが信じられない安さで出品されたりしてます〉
これから新規登録される方は招待コードBUFJXXを入れていただくとポイントがもらえます。

Bトレ世界での二軸貨車の全長はどうあるべきか?
と言っても、DE10やトーマスC11は20m級車両と同じ全長60mmですし、悩むところです。とりあえず、普通の60mmより短ければオーケーということにして、製品のワムハチを見ながら、切れそうなところを切って、縮めることにしました。

一応こだわりは、縮めても、側扉をスライドさせるスペースが確保されていることです。


まずは車番などの印刷を活かせる位置で切断してみます。


切断部があわない場合はヤスリで根気よく削ってあわせていきます。と言っても、有蓋車のコルゲート?に沿って切り繋いでいるので、それほど目立ちません。


今回はいつもに輪をかけて手抜きですが、PET板にダイソーのクッション付き強力両面テープを貼り、その板でワムハチの内部の切り繋ぎ部を支えます。
下回りは、アーノルトカプラーが付いているオーバーハング部をそのまま活かしたので、酷く中央に二軸が寄ったものになりました。なんだかナローをやっていたころのナベトロを思い出します。まだ試運転はしていないので、オモリの搭載の必要性を含め検討します。



できました。





全長を測ってみると40mmほどでしたが、Bトレ機関車との対比ではワムハチ感はあります。

これをたくさん作りたいところですが、まずは2両を配備します。
適当にヤードに転がしておいても絵になりそうです。

こちらもご覧下さい
・【Bトレ改造】ワム90000とトム50000
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/05/16/223223

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング