いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

カトーのポケットライン新動力ユニット

Bトレを遊び続ける上で、下回りなどの対応品の供給が心配される昨今ですが、希望の光となるカトーのポケットライン新動力ユニットの情報が出揃いつつあります。


↑カトーHPより転用

スムーズな走行をアピールする動画も公開されています↓
https://youtu.be/oNvhiIvY7pA

※発売後のレポートはこちらです↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/12/05/182444

アマゾンでも予約が開始されました。

品番は、11-109(チビ凸用)と11-110(チビ客車用)で、以前のもの(11-103.104)と異なっています。買い間違いには注意したいものです。

以下が今分かる情報です。
●価格:2,500円+税
●発売日:2019/11/30(アマゾンサイトより)
●コアレスモーター搭載により安定性が格段に向上。
●低速からスムーズな駆動。
●アーノルドカプラー標準装備
●最小通過半径117ミリ
(以下動画テロップより引用)
●技術の粋を小さな車体に詰め込んだハイパフォーマンス小型動力
●コアレスモーター、フライホイール、サスペンション機構
●二軸動力ながらポイントも楽々通過
●小型動力では難しいとされた超低速域での制御を実現
●小型ながら低速でリアルな走行が可能

実に魅力的な謳い文句が並んでいます。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・
まず価格面ですが、従来品と比べて千円上がってしまいました。性能を考えれば妥当なのかも知れませんが、、、。
もともとチビ凸動力は、2軸、ゴムタイヤ無しながら、車輪径も大きく、Bトレのカトートレーラー台車車両を10両近く牽けるなど、高い性能を誇っていました。これがディテールが多少おもちゃっぽくなるものの、Bトレ愛好家に使われ続ける理由なのだと思います。これでさらにコアレスモーター、フライホイール搭載となると、Bトレにも確実に役立つ動力となるはずです。サスペンション機構はどのように効いてくるのでしょうか?楽しみです。

ディテールについては、チビ凸動力は台車側面にハシゴやタンク?表現があり、Bトレに使うと独特のおもちゃっぽさを醸し出します(これが味という考え方もありますが)。
自分が注目しているのは、チビ客車用の方です。
これは、デッキ手すりやバッファー、ステップを切り落としてしまえば、かなりシンプルな形状となります。
この側面に台車レリーフ的なものを付ければ、4軸に負けない、またはそれ以上のリアルさを出せるのでは、と期待しています。

カトー自身も「自作フリーランス」や「ナロー」向けにも、と書きつつも、ついに「Bトレインショー向けに」とは書かなくなってしまいました。

ですが、Bトレ継続の希望の光として、発売を楽しみに待ちたいです。

【記事の目次はこちらをご覧ください】



鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村
鉄道模型ランキング