いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【Bトレ車両】寝台特急カシオペア

北の風景が似合うBトレ車両をご紹介しています。


●E26系カシオペア
●発売:セット売り(2012.15年)
●最近の入手難易度
客車★☆☆☆☆
EF81星、赤★★☆☆☆
EF81専用色★★☆☆☆
EF81ピンク★☆☆☆☆
EF510青、銀★★☆☆☆
EF64-1000青★★☆☆☆
EF64-0青、茶★★★☆☆
ED79★☆☆☆☆
DD51青★★★★☆

今もツアー列車として憧れの列車であり続ける寝台特急列車、カシオペアのご紹介です。Bトレでは2回に渡りセット商品化されました。2回目は帯がシールになるなどの変更点があります。中古市場には割と流れている車両で、中間車の側面はBトレにしてしまうと似ているので、こだわらなければ編成を作るのも比較的容易です。

上野〜札幌間の定期的な運行がなくなったことは残念ですが、現在のツアー列車「カシオペア紀行」では、東日本の各路線へと入線する夢のような運用が実現しています。


その中でも信州方面に行く際のEF64-0による牽引や、上越線を越える際にEF81単機だと空転リスクがあることによるEF64-1000の補機連結など、ドラマチックな鉄道シーンが展開されます。
※動画はこちらです↓
https://youtu.be/nT6HeUrXP_Y
※動画や写真でやっているEF64-0+EF81虹というのは実際にはなかったみたいです。。。

カシオペアが上野〜札幌間を定期的に走っていた頃の牽引機EF81のカラーはバラエティに富んでいます。

北海道のDD51重連で銀の客車を牽く姿は、北斗星とは違ってまた魅力的です。

上野駅13番線のカシオペアは、歴代の夜行列車の系譜を継いだ、どこか憂いのある姿に感じました。

クルーズ列車として、磐越西線三陸北上線あたりに入ってくれないでしょう。DD51が牽く姿を見てみたいです。

伝統の客車寝台特急の最後の姿、車齢も比較的若いですし、今後も永く走ってほしいです。


↑これで客車をNゲージ化しています。




鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村
鉄道模型ランキング