いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

鉄道の町大宮の日常

東北本線高崎線優等列車がほとんどなくなって寂しい限りですが、久しぶりに小一時間、大宮駅で列車観察してみました。

スタートは上野駅地平ホームから。恐ろしいほどに列車の姿はなく、ポツンと停車したe231系のドアは半自動扱いでした。
そんな中、突然やってきた終着列車は、651系
全盛期のスーパーひたちを思わせるシーンでした。

ゆっくりと地平ホームを出発した高崎行き列車は、日暮里あたりではかなりスピードを上げて尾久へ駆け下ります。ここで田端の機関車群を見るのが楽しみでしたが、機関車の姿はあまりなく、、、。ただ、一両だけ存在感を放つEF81-95が!まだまだワクワクさせてくれる場所です。

だだっぴろい尾久の留置線には、何編成かのe231.233やe257がいるくらいでしたが、洗浄線の奥には、まだオシ、スシ、オロネ、カニなどのブルトレが。

さらに大宮操車場あたりでは、複数のチキ編成やDE10を見ました。チキって、「チ」+「チキ」+「チ」のように組成されていました。これが基本形なのでしょうか?

大宮では、先程上野で見た651系と上りの草津の離合(冒頭の写真です)

さらにカメラを手にした人たちが集まっているので行ってみると、EF66が。

原色を追いかけていた頃は特に意識しなかった機関車ですが、今となっては味わい深いです。

与野駅ではEF65赤ナンバーの単機。カッコいいです。


ここに、配給列車やカシオペア紀行、四季島なんかが来ることを考えると、大宮はまだまだワクワクできる場所なのかも知れません。嬉しくなりますね。

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング