いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

キハ85の先頭車の増結

Bトレのキハ85ワイドビューひだ・南紀」は、全製品の中でも屈指の完成度の高さだと思います。
※前回の記事はこちら↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/02/09/152924

キハ85で遊ぶ際にやってみたいのが、よく鉄道写真で見る、貫通型の先頭車を何両も増結した姿です。一両単位で増結する姿は気動車ならではです。

Bトレキハ85の製品は、最近は新品を見ることもなくなりましたが、貫通型のキハ85-100はキロハとカップリングされた「Bセット」に入ってますので、数を必要としないキロハのことを考えると、キハ85-100を連ねた編成を組む難易度は高かったのだと思います。中古も貫通型先頭車はなかなか出会えません。

今回、非貫通型の先頭車と、貫通型の前面パーツを中古で見つけたので、増結用に組んでみました。



キハ85はスカート側にもモールドがあり、ライトの内部の表現などがついた立体的なものです。車両の内部ブロックパーツへのリブもスカート裏側についています。

非貫通型お面パーツを貫通型パーツに交換しましたが、他から流用した黒いブロックパーツは、出っ張りを少し削らないとお面がぴったりハマりませんでした。

さて、N化にあたって、この出来の良いスカートはできれば削りたくありません。
カトーのトレーラー台車(通勤2)にカトーカプラーのナックル型をつけてみました。

キハ85-100の製品のスカートは、非貫通型のものに比べて切り欠きが最初から大きく取られており、もしかしたらN化を意識した設計なのかも知れません。
素直に組むと下の写真のようになりました。

これでトミックス のC103を通過するとこのようになります。

裏側を見るとカプラーの根元にちょうどスカートが来るので、割と急カーブには強い気がします。

次にこれを連結した状態で試します。

トミックス のC140とC103を同じ向きにつなげた区間では、特に問題ないように見えました。

次にこれらを逆につなぎ、かなり条件的に厳しいS字を作りました。

これは下の写真のように、貫通型先頭車が押される際にS字の真ん中で少し車輪が浮くようです。

さすがに当鉄道にもここまで条件のキツイ線形はありませんが、今後試運転しながら様子を見ようと思います。

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング