いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

モジュール組替で別プランを作る

当鉄道はBトレ専用に割り切ったモジュールレイアウトです。ショーティのみを走らせる前提とすることで、それなりに長編成の列車運転や、相対的に大きな半径のカーブでの運転を楽しむことを目指しています。

全貌についてはこちらをご覧下さい↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/03/24/205821

しかし、やはりこの規模になると組み立てに15分位かかります。
ちょっとした運転や、試運転には組み立てるのが億劫になる大きさです。

そこで、手軽なサイズでエンドレス運転ができるミニモジュールを作りました↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/12/12/012132

今回は、このミニモジュールと既存のモジュールを組み合わせて中規模の運転をするためのプランを作ります。

組み合わせるのは「雪山モジュール」です↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/20/195539

ミニモジュールと雪山モジュールは、両方ともリバース線を持っています。
2つをつなぎ、エンドレス本線を構成した上でリバースを2つ活かして客車列車を自在に方向転換できるものを目指します。


まず、これが雪山モジュールの線路プランです。大規模モジュールの一部として、複線の本線を持ちつつ、複線間を方向転換できるリバース線や、支線への分岐を持っています。


次に、これがミニレイアウトの線路プランです。小さなエンドレスとリバース線、いくつかの側線を持っています。実はこの側線配置は、今回のモジュール合体を考慮したものでした。


2つを合体させます。

連絡線用に少し新規開業区間が必要になります。


2つのモジュールをまたぐ、大きなエンドレスを構成した上で、2つのリバース線による客車列車の方転が可能となりました。



普段はミニレイアウトのミニ列車しか走らない駅に長編成のブルートレインが通過します。なんとなく土樽駅のようです。


まだモジュール連結部は風景的に断絶しています。これをつなぐ簡単なシーナリーを作りたいところです。


列車はミニモジュールの右上のポイントを渡り、リバース線に入ります。


普段は逆向きに列車が走る、雪山モジュールの手前側の鉄橋に入り、方向転換します。



先程とは逆向きにミニモジュールへ進入しました。


今度はミニモジュール内のリバースに入ります。すると、元の向きに戻ります。


一方で、この鉄橋を渡る線は留置用となります。駅の平面クロス手前までに停車します。



他にもいくつかの留置線を活用することができます。

これで、長編成列車の運転機会を増やすことができるか、、、。新規開業区間の風景を作りつつ試してみようと思います。

【記事の目次はこちらをご覧ください】

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング