いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

Bトレ雪景色のデジラマ作り

今日も晴れたので太陽光でジオラマ撮影して、デジラマを作ります。

前の記事はこちら↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2018/12/31/111726

今回も「werble」というアプリを使います。
Horsie in the Hedge LLP「Werble - フォトアニメーター」


●まずアプリから元の写真を選びます。ここで軽くトリミングなどできますが、傾き調整や大きな修正は先にやっておいたほうがよいです。

アプリ画面の上の買い物カゴを押し、必要なエフェクト集をダウンロードします。無料のものと有料のものがあります。

●「輝き」の中からライトっぽいのを選び、配置します。色味は後から変えられるので、形状が大事です。

●いい感じの場所に配置します。

●「+」を押すと、空白のレイヤーが増えて、エフェクトを重ねることができます。

●2つ目のライトを配置します。

●ちょっと青白い最新型電車みたいになってしまったので、上のスパナマークを押してツールメニューを出します。

●「カラー」の「色相シフト」で黄色っぽくします。

●黄色すぎるので、「カラー」の「彩度」を半分くらいにして、白っぽくします。ライトができました。本当は光らないBトレが光るのは嬉しいです。

●次に雪煙を作ります。上のスパナマークの右側の本のようなマークを押し、再びエフェクトを選びます。「スモーク」からいい感じの形を選び、配置します。

●ツールメニューのカラーから彩度をゼロにします。

●「時刻」からエフェクトの動きを止めました。別に止めなくてもよいかと思います。

●「照明」を増やすと白くなりました。

●「ブラー」でぼかしました。

●最後に「天気」から雪のエフェクトを重ねました。

完成しました!

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。

にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング