いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【Bトレ改造】北陸本線の475系

北国の国鉄型車両のBトレを集めています。
今回は国鉄急行型電車としては最後まで生き残った北陸の475系のご紹介です。

●475系新北陸色
●発売:ベストリピート1(2003年)ほか
●最近の入手難易度★★☆☆☆

北陸の急行型電車は東北や九州同様にJR化前ごろに短編成化され、地域輸送の列車本数増加に貢献しました。当初、北陸ではワインレッドに白帯の塗装に変更され、「TOWNトレイン」のヘッドマークをつけて走りました。その後、新北陸色と呼ばれる白ベースに青帯のものに変わりました。

Bトレでは、東日本用455系、西日本および北陸用の475系、両用の457系と複数回に渡って製品化されていますが、特に形状に差異はなさそうです。交流検知アンテナは角型と丸型の両方ともBトレの写真で見たことがあり、どの製品にどれがついていたのかは分かりません。ただ、このパーツは華奢で折れやすいNゲージ製品に比べて、Bトレではかなり簡略表現となっております。実車では、451.453.475が丸型、455.457が角型というイメージを勝手に持っていますが本当のところはどうなのでしょうか?


このほかにも、非冷房で落成した車両はクーラーが異なっていたり、通風器の一部撤去など様々な差異があるようです。このあたりは改造が大変なので手をつけていませんが、一箇所だけBトレ的にも外観の印象がだいぶ変わる部分があります。それは前面の行先表示器の埋め込みです。
これはツララによる破損対策として、かなり以前からなされた改造のようです。
今回は重い腰を上げて、ここを埋め込みフラットにする改造をします。

瞬着パテで行先表示器の溝を埋め、硬化剤で固めます。

その後、スティックヤスリで平らにします。
この道具と出会ってから、作業性が全然変わりました。

次に塗装をします。ここ以外をマスキングして、設定通りのグリーンマックスのクリーム10号を塗ってみます。、、、が、浅黒い黄色味が強いようで、元の塗装にあいません。
次にタミヤのマットホワイトを塗ってみましたが、今度は元塗装よりは青白くなってしまいます。

結局、一番色味が似ていたのはアサヒペンのスプレー「レモンホワイト」に思えました。これでも完全一致ではないですが、まあ見られる範囲かと思いました。


というわけで、結構苦労した割には
あんまり目立ちません

最後に「TOWNトレイン」のマークを出力して貼ります。

このマークにはいろいろの種類があるようですが、メジャー?なのは水色のものと黄色のものです。
調べると、米原寄り=クハ=水色ベース、直江津寄り=クモハ=黄色ベースのような気がします(間違ってたらすいません)。

これで90年代の北陸の日常を表現できるようになりました。そろそろ「スーパー雷鳥」や「しらさぎ色」に手を出したくなってきます。。。




鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング