いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

素晴らしき小湊鐵道の世界


少し以前の話になりますが、小湊鐵道に乗ることができました。







内房線五井駅に着いたときから興奮しきりです。


キハ20ベースで作られた小湊鐵道キハ200ですが、ライトのリム部など細かい違いがあるようです。


小湊鐵道ホームからJR側を望む。房総209系はローカルっぽいムードが強く、好きな車両です。


列車が到着。


すぐに蘇我側の奥に引き上げ、留置線側に入ります。


留置線へのポイントは手動です。


この台車を見ていると、国鉄気動車のBトレN化にカトーの小型車両用台車・通勤1を使うのは、まんざら間違いでもないな、と思いました。


今回乗車する養老渓谷行き列車が留置線から出てきました。
キハ200、キハ40、どっちに乗るか、悩ましい!



キハ40のクロスシートは2+1でした。これはJR時代からだったのでしょうか?


「新型」キハ40のポスターが!これは冷房車という時点で、断然キハ200より良いなと思いましたが、キハ200も大半は冷房化されているようです。
今回乗ったキハ200+キハ40編成は、キハ200側が非冷房だったようで、「涼しい〜」と、そちらから移ってくるお客さんもいました。


ローカルレイアウトのお手本となるようなストラクチャーの数々。



タラコのキハ40と交換。
ローカル線の原風景。







小さな駅、自然に還る側線とホーム



里見駅では5分停車。地元の方がかき氷などの販売。
中線には有蓋車が留置されていました。いい感じです。





踏切からキハ40を撮影。


ステップ付きでもこの段差。


小屋にレールがついている???


里見から乗り込んできた車内販売のアイス。美味しいです。



養老渓谷駅前の好適なストラクチャー。


駅前は舗装を剥がし、木を植える「逆開発」を行なっているそうです。




留置中のチキ。









帰りの列車ですれ違った里山ロッコ蒸気機関車風のDLです。








五井の駅前には、車庫を間近に見られるカフェスペースとテラスがあります。東北の各色のキハ40が増えた今、その楽しさは格段に上がっています。

こういう素晴らしい鉄道を見てしまうと、この風景を再現したレイアウトを作りたくなってしまいます。でも走らせる車両が限定されすぎると飽きてしまいますし、、、。悩ましいです。

【記事の目次はこちらをご覧ください】
【Bトレ製品の索引はこちらをご覧ください】
【令和版Bトレインショーティー入門はこちらをご覧ください】
鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング