いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【Bトレ車両】ED75-700

東北や雪景色の似合う車両をBトレで集めています。


※この車両も出てくる動画はこちら↓
https://youtu.be/OvjKJU7hocw
https://youtu.be/4LlG2NWpZkI

ED75-700
●発売:セット売り(2011年ほか)
●最近の入手難易度★☆☆☆☆(ED79含む)

何回かに渡り製品化されていますが、全てがセット売りだったため、今も安定して中古が出回っている印象があります。

2011年はコンテナ車とのセット、2013年はED77と作り分け可能なセット、2016年は4軸化されたシャーシのED79単品の車番変えで表現します。一方、ED79としては2013年の北斗星セットにも付属しました。

ED79ED75-700を改造した車種で、屋上に銀色の大きな抵抗器カバーが付いているのが特徴です。また、運転台の窓も全てサッシ化されています。
しかし、ED75-700も晩年には多くの車両がサッシ化されたようですし、ED79-50番代では補機専用として改造範囲が少なく、前述の銀色のカバーもありませんので、Bトレ的には両者の差異はあまりありません。

実際にED79として製品リリースされたものを見ても、屋根のパンタ間は狭すぎて、銀色のカバーは表現されておらず、ED75-700と同一です。
ただ、同じBトレ製品のED79ED75-700でも、屋根に列車無線アンテナの表現があるものとないもの、また運転台窓下の四角いアンテナ(これはED79のものらしいです)の表現有無などのバリエーションがあります。Hゴムの色もバージョンにより異なります。


さて、実車の話ですが、北の車両に憧れ、初めて東北本線を黒磯まで下った時、青森側に初めて見る赤い機関車群を見つけた時は感激しました。
東北本線ED75は1000番代が多く、初期型やツララ切り付きの50番代なども見たと記憶しています。700番代は奥羽本線用の特殊車両というイメージでしたが、仙台のオリエントサルーン専用機や福島配置の700番代もあったようです。



さて、700番代の晴れ姿と言えば寝台特急「あけぼの」の牽引です。冬季の重連仕業や矢立峠のお立ち台を駆ける姿は、今でも色褪せません。



現在もリバイバル津軽」や工臨などで活躍中ですが、適当な代替形式もなく、しばらく残ってくれないものかと願っています。秋田港で放置されている24系客車をレトロで庶民にも手が届くクルーズトレインに仕立てれば、ある程度需要がありそうな気がするのですが、、、。もしそんなことがあれば、ED75-700やEF65-1000や500、EF66-27などに牽いて欲しいものです。









【記事の目次はこちらをご覧ください】

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村
鉄道模型ランキング