いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

上野駅18番線の思い出

上野駅についての記事は何度も書いていますが、いつまでも記憶が色褪せない聖地です。

前回は13番線について書きましたが、今回は同じ地平ホームでも反対側の18番線です。

上野駅地平ホームはかつて20番線などもありましたが、新幹線工事で廃止されて18番線までになりました。13番線は薄暗い地平ホームのイメージそのままの場所で、晩年の夜行列車やカシオペア、四季島は全てここから旅立ったこともあり、地平ホームの中では最も語られることが多いと思います。また、15番線は真上に常磐線の12番線が二階建てとなり、これも上野駅地平ホームらしい場所です。

18番線は主に常磐線優等列車が発着した新幹線開業後は一番奥のホームとなり、ここはここで上野駅地平ホームを体現するような風景が展開されました。
90年代に印象にあるのは、特急ひたちやスーパーひたちが常にいたことです。

信越本線特急あさまとは、毎時0分?の同時発車を結構晩年までやっていたような気がします。

そしてホームの青森方からは、北へ旅立とうとするブルトレの勇姿を見ることができました。背景の詰所の建物や、スラブ軌道化されたレールに給水のパイプなど、全体的に国鉄の大きな駅の雰囲気満点の写真が、今も検索に多くヒットします。特に北斗星運行直前の金帯客車が混ざった「ゆうづる」はよいですね。







↑この「効果音」って、どういう商品なのでしょうか、、、?










さて、現在の上野駅ですが、上野東京ラインの開業によりターミナルとしての機能は失われつつあります。
18番線は廃止され、青森方の事務所へ行くための通路になっています。線路は剥がされ東京方は埋められていますが、青森方先端のホームには往時の面影を残しています。


↑右の奥が18番線ホームの青森方先端です。

↑剥がされたレールと今も残る給水設備

↑かつて「ゆうづる」が旅立ったホームと後ろの詰所と、17番線から見た旧18番線後に作られた建物

↑東京方は埋められています。

90年代に18番線から撮影した「つばさ」です。1500番代クハがカッコよいです。

こちらもご覧下さい
・懐かしの常磐線上野口
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/04/26/194207
上野駅13番線
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/03/29/130330
プラレール上野駅
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/02/144806
上野駅を作る3
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/01/125205
上野駅を作る2
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/01/121603
上野駅を作る1
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/01/111839

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング