いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【Bトレ車両】381系電車

【Bトレ製品の索引はこちらをご覧ください】
【記事の目次はこちらをご覧ください】

集めたBトレ車両のご紹介です。

●381系国鉄色
●発売:セット売り(2007年ほか)
●最近の入手難易度★★☆☆☆


中古ではそれなりにタマ数は多い印象を持っています。メルカリなどでセット売りしていることも多く、値段も相応のことが多いです。新品を見つけることもあります。
グリーン車は、くろしお色のサロと2両セットで売られていました。

低い振り子車体やツルツルの屋根、そして伝統のこだま色を継承する最後発の形式ということで、魅力に溢れた車両です。実車の世界でも189系が引退した今、最後の電気釜の国鉄特急となりました。

この車両、運用線区が限られるため、東北・上信越系を集めている当鉄道的には共演車両に悩むところです。長野付近、中京、関西の列車と共演させるなら「しなの」幕がよいと思いますが、もうちょっとユルい感じにしたくて「シュプール」幕を自作プリントして貼っています。

この車両はやはりキツめのカントをかけたカーブでのシーンが真骨頂となりましょう。
昔、初めて乗った「出雲」から、伯備線「やくも」に乗り継いだ時は激しい振り子酔いをしたのも今は良い思い出です。

Bトレ381系は出来がよく、やくも系、くろしお系のカラバリも豊富にラインナップされています。やはり若干価格が上がりきらないのは、運用線区の狭さ故でしょうか。

381系セットは、最初の2007年のもの以外に比較的最近の2016年ごろにも製品化されていますが、発売時期によって屋根色が異なるようです。自分はあまり気にせず編成を組んでいます。










鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング