いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

EF81ローズピンクを丁寧にN化する

ピンクのEF81は一番好きな機関車の一つで、東西どこでも走るので、模型遊び的にも重宝します。

当鉄道には、長らく「日本海セット」に入っていた庇付きのローズピンクが在籍しているのですが、庇無しのものを、最新のポケットライン動力でN化することにしました。

f:id:omocha_train:20201010110805j:plain

このブログでも何度も記事にしていますが、コアレスモーターやサスペンション機構付きの新動力は、運転の気持ちよさが格別で、これを搭載した機関車ばかりが運用に入る傾向があります。

30年前、トミックスやカトーのNゲージで遊んでいたころに、颯爽とデビューしたのがカトーの「フライホイール付きEF81」でした。たしか3色くらいのカラーバリエーションがあったような、、、。動力車の接点不良により突然の非常停止に悩まされるのは、今も昔も鉄道模型の宿命ですが、そのフライホイール付きEF81は、急停止しても少し惰性で転がるのです。これにより、レールの接点不良エリアから逃れることができ、急停止によるストレスから大幅に解放されました。

今では当たり前の技術なのかも知れませんが、Bトレやナローをやられる方には、未だこの問題は重要で、ポケットラインの新動力は、30年の時を経て、ついに小型二軸動力の世界にも、あの運転感覚がやってきたという感動体験なのです。

以下は牽引力を試した記事です↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/12/05/182444
ブルトレのフル編成も牽けるパワーと粘着性です。

さて、今回N化するのは、庇なしEF81ローズピンクの中でも、白Hゴムが表現された個体です。Hゴムは自分の技術力ではどうしても綺麗に塗れず、Hゴム印刷済みの商品に頼りたくなります。ローズピンクで白Hゴム印刷済みの製品は、おそらく最末期に4軸ダミー下回り付きで製品化された個体と思われます。
f:id:omocha_train:20201009232910j:plain

いつものように、ホビーセンターカトーで買ってきたスカートASSYを取り付けます。
f:id:omocha_train:20201009232938j:plain

f:id:omocha_train:20201009233031j:plain
ナックルカプラーに交換します。EF66用という名前だったと思います。

f:id:omocha_train:20201009233123j:plain
このカプラー復帰用の板バネは本当に毎回悩まされます。工場の生産現場では、効率の良い組み立て治具があるのでしょうか。

f:id:omocha_train:20201009233239j:plain
ヘッドマーク磁石の左右を切り取り、H字を横にしたような形にします。

f:id:omocha_train:20201009233331j:plain
ジャンパ線的なものを表現しました。

f:id:omocha_train:20201009233755j:plain
この後、Bトレ機関車ブロックの前後の差し込みリブを残して、その周りを除去して、スカートASSYの奥のお面裏側の穴に、リブが挿さるようにします。

次は動力ユニットです。
前回の記事で、この出来の良いユニットをバラすことになってしまいましたが、構造を知ることが出来ました。

f:id:omocha_train:20201009234103j:plain
動力ユニットの前後を切り、下側のカバーと上側のカバーを外します。台車やタンクのモールドを除去の上、ヤスリで平らにしました。この作業は分解した方がやりやすいです。

f:id:omocha_train:20201009234255j:plain
f:id:omocha_train:20201009234251j:plain
組み立てます。

f:id:omocha_train:20201009234318j:plain
ボディをつけます。

f:id:omocha_train:20201009234359j:plain
折り紙で穴を塞ぎました。

f:id:omocha_train:20201009234420j:plain
3Dプリンタで、台車レリーフらしきものを作りました。

f:id:omocha_train:20201009234503j:plain
切り取り、塗装します。
これがリアルになるほど良いと思いますが、写真の中に比較しているBトレ製品版レリーフと比べると大分見劣りします。
が、以下の条件に合うものがないために自作しました。
・縦幅は、Bトレ台車レリーフより幅広い
・横幅は、Bトレ台車レリーフより狭い
・厚みは出来る限り薄い

パンタや屋上の碍子モールドをダイソーのアクリル絵の具で緑に塗り、高圧引き通し線はてっぺんをグレーに塗りました。
運転台側面窓が抜けているだけだったので、透明プラ板を裏から貼りました。

f:id:omocha_train:20201009234727j:plain
f:id:omocha_train:20201009234724j:plain
f:id:omocha_train:20201009234731j:plain

できました。

f:id:omocha_train:20201009235818g:plain

ヘッドマーク磁石はとても重宝します。
f:id:omocha_train:20201010110838j:plain
f:id:omocha_train:20201010110842j:plain

一応サイドビューも台車っぽいものがついている感じにはなりました。
f:id:omocha_train:20201010110956j:plain

f:id:omocha_train:20201010110952j:plain
f:id:omocha_train:20201010110940j:plain

f:id:omocha_train:20201010110943j:plain
f:id:omocha_train:20201010110948j:plain
f:id:omocha_train:20201010111005j:plain
f:id:omocha_train:20201010111000j:plain

白Hゴムは、古き良き国鉄シーンを演出してくれます。
f:id:omocha_train:20201010111057j:plain
f:id:omocha_train:20201010111101j:plain
f:id:omocha_train:20201010111109j:plain
f:id:omocha_train:20201010111106j:plain

f:id:omocha_train:20201010113318j:plain
いつか撮った写真です。常磐線石岡〜高浜間。

f:id:omocha_train:20201010113351j:plain
北陸本線新疋田にて。

f:id:omocha_train:20201010113412j:plain
f:id:omocha_train:20201010113419j:plain
再現してみましたが、似せるのは難しいです。

【記事の目次はこちらをご覧ください】

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング