いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【Bトレ車両】 E127-100系大糸線

寒いところを走る車両を中心にBトレを集めています。今回ご紹介するのは、長野色が爽やかなこの電車です。

f:id:omocha_train:20210725194600j:plain

E127系100番代長野色
●発売:セット商品(2012年)
●最近の入手難易度★★★☆☆

松本地区の100番代は登場が1998年だそうで、意外に古く、115系165系を置き換えたようです。このあたりの電車は E127、129、721系など「地方に増えてきたステンレスの電車」という認識しかしておらず、やはりロングシート701系が50系客レを淘汰してしまったあたりから、自分の興味対象から外してしまっていたようです。が、この E127-100系セミクロスシートや霜取りパンタの存在、爽やかな長野色など、知るほどに魅力ある車両です。

f:id:omocha_train:20210725194827j:plain

同形の0番代は新潟やえちごトキめき鉄道などに配置されていますが、顔だけ見ても枠のでっぱりやヘッドライト周りなど形が異なり、こちらの100番代は701系に近い顔のようです。

f:id:omocha_train:20210725194834j:plain

Bトレ製品ですが、セット販売されましたのでそれなりに流通量はあり、また2連でよければ集めやすい車両ながら、なかなか入線の機会がありませんでした。カッチリした作りで存在感があり、ミニレイアウトにはとても良く似合います。

f:id:omocha_train:20210725194850j:plain

共演車両は少し悩みますが、98年以降と言えば、115系、211系、しなの鉄道各種、183、189系やそれ以降のあずさ、かいじ、しなの、そして貨物系という感じでしょうか。

f:id:omocha_train:20210725195449j:plain

この形式がミニエコーを置き換えたなんていう話も読みましたので、このへんの過渡期の出会いもあったのかも知れません。

大糸線のイメージにひっぱられ、雪山の大きな背景を多めに入れ、列車は小さめな構図で写真を撮りたくなる形式です。
f:id:omocha_train:20210725195626j:plain
f:id:omocha_train:20210725195630j:plain

f:id:omocha_train:20210725195620j:plain
f:id:omocha_train:20210725195623j:plain

f:id:omocha_train:20210725195634j:plain
f:id:omocha_train:20210725195637j:plain

当鉄道的には「最新鋭」の部類の電車となりますが、国鉄型の古豪に混じって運用に入ります。

【記事の目次はこちらをご覧ください】
【Bトレ製品の索引はこちらをご覧ください】
鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング