いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

蛇窪信号場

横須賀線湘南新宿ラインの分岐点を見てきました。(以下、各線の呼称と知識はいい加減ですのでご了承下さい)


蛇窪(へびくぼ)は、今は大崎駅の構内という扱いのようですが、湘南新宿ライン横須賀線を捌く重要分岐点としての使命はますます大きくなっているように思います。

山手線と並行に走ってきた山手貨物線は、大崎を過ぎると品鶴線に入ることができます。品川方面へ入り総武本線側に抜けるルートは、大崎の先の旧目黒川信号場で品鶴線と合流します。このルートは新宿からの成田エクスプレスが使います。

大崎の先で西大井方面へ入る線は山手線大崎支線と呼ぶそうで、これが品鶴線と旧蛇窪信号場にて合流します。

目黒川、蛇窪、いずれも複線が平面で分岐するため、本線をまたぐ場合は対向列車を止める必要があります。

今回見たのは大崎支線です。

上の地図の通り、大崎駅から大井工場の敷地の境界をなぞるようにカーブを描き、蛇窪へと至ります。上の写真はその途中のS字カーブで撮影したものです。相鉄直通の埼京線の電車が通過していきました。
このS字カーブは手を伸ばせばクリアできるくらいの柵や車通りのない道に沿っており、比較的撮影しやすい場所かと思います。踏切も2箇所あり、そこからの撮影もできそうです。


これが蛇窪の眺めです。合流した先の信号より撮影。左上に新幹線の高架が、奥を交差するのは東急大井町線の線路です。

品鶴線をそのまま行く列車は速度制限80、大崎支線に入る列車は制限60のようです。

というわけで、このあたりは山手貨物線品鶴線鶴見方面、品鶴線品川〜総武本線方面の3方向についてデルタ線を構成しており、いずれのルートにも多くの通行があるため、なかなか興味深い場所でした。

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング