いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

電気機関車のN化とスカートについて

当ブログをご覧いただきありがとうございます。
アクセスが多めの記事として、電気機関車のN化について、というのがあります。
こちらです↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/02/122707

今読むと、結構事実誤認があったり、その後に新しい知見が加わったりしてますので、そのうちちゃんと書き直したいとおもっていますが、やはりみなさんいろいろ悩んでおられるのだと思います。

今回はスカートについての話です。

前回の記事にもありますが、電気機関車のN化について簡単にまとめると、

①カトーのポケットライン用の2軸動力(11-103)
※ポケットライン客車用の(11-104)も同性能と思われます。
・走行、牽引力ともに安定している。
・単機でカトー製トレーラー台車を10両以上牽ける。
・Bトレボディに無加工で取り付けられる。
・弱点は、2軸による集電性能不足と見た目。
・2019/5時点では、概ね店頭で入手可能。

これを4軸にしたい!と願うところから修羅の道が始まります。

②カトーのBトレ対応小型車両用動力
・4軸集電、2軸駆動の安定性抜群のBトレ動力の決定版。
・2軸駆動のため、牽引力はカトー製トレーラー台車でも5両程度。それ以上なら重連または客車内へのユーレイ動力搭載が必要。
・2019/5時点では、三種の台車バリエーションともに安定供給されている。

ユーレイや重連は嫌!単機でたくさん牽きたい、と願うと、

バンダイ4軸動力
・4軸集電、4軸駆動で、抜群の牽引力。カトー製トレーラー台車を補重で10両以上いける。
・カトー製よりも品質安定性が低めの場合がある。ただし、タミヤの接点グリスとウエイト、駆動系へのグリスで負荷を減らせば、高い性能を発揮する。
・2019/5時点では、市場にあるのは「3」のみ。「4」は路面電車用のカプラー無し、グレーのもの。「5」はDD51などに無加工でハマる爪などが省略されたもの。3を加工すれば作れる。
・台車レリーフは好きなものをつけられる。



当鉄道では、これを使いつつ、機関車の純正のスカートを切り欠きC103も通過可能にしています。動力のカプラーポケットの下面にささやかなスノープラウとステップ表現を追加しています。お面の裏側にカトー製の磁石を付け、クイックヘッドマーク化もしています。


↑写真の2両はそのようにしたものです。

さて、ここからさらに良くしようとすると、
・カトー製スカートASSY
・ヘッドライト点灯化
などがあると思います。後者は大変ですが台車からの集電は確立されているので、トレーラーを電飾するよりはだいぶ楽です(とは言え、当鉄道では今のところ点灯化はしていません)

悩ましいのは後者です。
カトー製スカートASSYは、スカート内蔵のカプラーが首を振り、ステップやスノープラウ表現もあり、圧倒的にリアルになるのです。

しかし、これをバンダイ4軸動力搭載と両立させようとすると、台車の首振り時にスカート内側に干渉します。
C280程度を走らせる分には問題なさそうですが、トミックス のC541-15ポイントなどを通過時に、微妙な力が加わり脱線します。

バンダイ動力とカトー動力を裏から見ると下の写真のようになっています。

機関車の方にはカトー製スカートASSYが付いていますが、台車が首を振ると、台車中央部分が干渉します。ここはギアボックスなので安易には削りにくいところです。
一方でカトー製動力の台車を比較すると、カプラーを根本から切ってしまえば、スカートASSY取り付けは無干渉で可能に思えます。実際にそうされている方の記事を見たことがあります。


長々と書きましたが、今のところ、バンダイ動力とカトー製スカートASSYの両立は難しいです。(当鉄道には奇跡的なバランスで成立している車両もありますが、お面パーツが若干浮いたりしてます)

研究は続きます。
カプラーの首振り機構を諦めて自作し、スカートASSYの裏側をギリギリまで削ればいいのでしょうが技術が、、、。
ちなみにスカートASSYはスカートでカプラーを支えているので、重い客車を推進回送するとスカートがたわんで事故が起こったりします。


↑冒頭にも載せたこの写真は、右がカトー製スカートASSY、左がバンダイ動力台車のカプラーそのままです。









※2019/10/26追記 いよいよ2019/11/30にカトーのポケットライン用動力リニューアル品が発売のようです。
なんとコアレスモーター、フライホイール、サスペンション搭載!2軸動力ながら、スムーズな走りが期待できます。品番はいままでのものと異なり、「11-109」「11-110」になるようです。

【記事の目次はこちらをご覧ください】

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング