いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【モジュール】上野駅を作る2

前回の続きです。

https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/01/111839

Bトレ専用の上野駅地平ホームを作るべく、ダイソーの板やスチレンボードでホームを作り、表面装飾をしました。

次に丸い柱を立てていきます。
丸い割り箸を切り、エクセル図形で描いた模様を貼り付けて、木工ボンドでホームに接着します。割り箸は真っ直ぐ切るのが難しく、柱が斜めになってしまいました。同様の工作をされる方は、ホームに穴を空けて柱を差込み、垂直を出すのが良いと思います。













柱同士をスチレンボードを切り出した鉄骨?でつないでいくと、雰囲気が出てきます。

各ホームの見せ場としては以下の感じになります。
●13番線、、、北斗星カシオペア、晩年のブルトレは全てここから発車した、最も上野駅地平ホームらしいところです。
●13.5番線、、、こういう名前がついたのは四季島運行以降で、荷物ホーム時代から含めて上野駅地平ホームらしさのある場所でした。
●14番線、、、頭端が13番よりもだいぶ奥まっています。115系や211系や185系がいたイメージです。
●15番線、、、真上に12番線があり、2つ縦に重なった車両が魅力的です。真上にエメラルドの103系やつくば色の415系を置くと雰囲気が出ます。
●16番線、、、往年の「はつかり」や「ひばり」が停まっていたイメージがあります。
●17番線、、、「スーパーひたち」や「出羽」などが入っていたイメージがあります。
●18番線、、、北斗星運行前夜の「ゆうづる」が何往復もあったころに、17.18番線にゆうづるが並んでいるイメージがあります。また、かなり遅くまで「ひたち」の国鉄色ボンネットがいた記憶があります。


↑今はなき上野駅18番線に進入するクハ481-1500の「つばさ」。カッコいいです。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・
骨組みができてくると、あとは楽しいアクセサリー設置になります。
駅名標を鉄骨からぶら下げます。やはりここはJR式ではなく、シンプルに「うえの ueno」とだけ書かれたものにしました。
・黄色いターレットを走らせます。やはり地平ホーム再現には重要な役者でしょう。
石川啄木の歌碑を設置します。適当にスチレンを切り出し、印刷した表面デザインを貼りました。
・柱に非常停止ボタンをつけました。なんとなく黄色い小片をつけただけですが、アクセントになります。ちょっと時代感がよくわからなくなってきました、、、
・16-18番線ホームの青森側に屋根をつけます。東京側は、大連絡橋建設時に撤去されたようです。
・給水パイプを走らせます。結構目立ちます。
・人形を立てます。
・階段をつけます。グリーンマックスの歩道橋の余りパーツを使いました。
・13-15番線の屋根を塞ぎ、空けた穴からダイソーのLEDライトを当てました。




























まだ続きます↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/01/125205

〜・〜・〜・〜・〜・〜・
こちらもご覧下さい
上野駅18番線の思い出
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/05/19/174533
・懐かしの常磐線上野口
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/04/26/194207
上野駅13番線
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/03/29/130330
プラレール上野駅
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/02/144806
上野駅を作る3
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/01/125205
上野駅を作る2
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/01/121603
上野駅を作る1
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/01/111839


鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。