いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

Bトレ機関車のステップとスノープラウ

Bトレの機関車のNゲージ化は、いろいろ手法がありますが、自分はバンダイ4軸動力を使って、牽引力を高めるようにしています。

過去の記事をご覧ください↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/01/02/122707

最も良いのは、カトーのスカートASSYを取り付けることですが、カプラー高さ調整、スノープラウと線路の接触、台車とスカート裏側の微妙な接触によるポイント脱線頻発など課題も多く、単純に運転を楽しむにはバンダイ4軸動力のカプラーをそのまま使うのが良いような気がします。

さて、Bトレ純正のスカートを大きめに切り欠いて、バンダイ4軸動力カプラーを活かすと、下の写真のEF81のようになります。

、、、ちょっと足元が寂しいです。やはりステップとスノープラウは結構存在感があるようです。

ステップはスカート側につけるとカプラー首振りを制限しますので、台車側につけることにします。ひと昔前のNゲージ機関車は、だいたいそういう構造だったような。

適当にプラ板からスノープラウ型の三角形を切り出します。そこにステップ的なプラ片を接着します。

ダイソーのアクリル絵具で塗ります。

台車の裏側に接着しました。

、、、ちょっと白くしすぎました。

黒い絵具で白い部分を狭くして存在感を薄めます。

写真では、左側だけ塗ったところです。


できました。

ちなみにEF62は、もともとトミックス製品についていたスノープラウ(ステップ表現付き)を左右に分割切断して、バンダイ4軸動力のカプラーポケットの側面に接着しています。取れやすい位置なのと、スノープラウを水平に固定するのが難しいです。

EF65は、カトースカートASSYを使っていますが、ステップが折れてしまったのでプラ片で再建しています。

※2019/10/26追記 いよいよ2019/11/30にカトーのポケットライン用動力リニューアル品が発売のようです。
なんとコアレスモーター、フライホイール、サスペンション搭載!2軸動力ながら、スムーズな走りが期待できます。品番はいままでのものと異なり、「11-109」「11-110」になるようです。

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング