いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【Bトレ車両】常磐線と103系

JR化前後の懐かしい車両をBトレで集めています。今回は国鉄型の代表形式103系のご紹介です。

103系(エメラルドグリーン・低運転台)
●発売:パート6(2003年)
●最近の入手難易度★★★☆☆

103系1000番代(エメラルドグリーン)
●発売:パート14(2005年)
●最近の入手難易度★★★★☆

●冷房改造AU712分散クーラー屋根
●発売:103系セット商品に付属?(2006年)

通勤型電車は編成が長いことが多く、集め出したら大変です。バリエーションも多く、またBトレ的にはレア化しているものもあり、通勤系をメインで揃えている方は大変そうです。

当鉄道には雪山のモジュールなどもあり、あまり首都圏のイメージが強すぎる列車は走らないようになっていますが、常磐線103系上野駅の情景用に揃えました。

いつも上野駅の11-12番線あたりで見たエメラルドグリーンの103系は、地下鉄乗り入れ用の1000番代や低運転台の昔ながらの顔も割と最近まで残っていました。


Bトレでは常磐線系の車両のレア化が進んでおり、
103系低運転台エメラルドグリーン
103系1000番代エメラルドグリーン
・209系エメラルドグリーン帯
E233系2000番代
415系原色/つくば色
・403系原色/つくば色
などがことごとく入手困難になっています。常磐線好きのBトレ後発ユーザーには本当に悩ましい状況です。




緑の通勤電車とボンネットの特急電車。これが自分の常磐線のイメージです。


415系の別形式のような新旧併結はとてもワクワクしました。




東日本大震災以降、途切れていた鉄路は、ついに仙台まで繋がります。





常磐線経由で長駆を走り抜いた485系583系ブルトレのように、3月からは久々にE657系が上野〜仙台間を走り抜けます。楽しみです。

常磐線103系は、様々な長距離列車を見送りながら、それなりに快速なスピードで走ります。





上野駅の12番線の喫茶店。地平ホームからも目立つお店ですが、103系がいたころからあったのでしょうか。




常磐線の電車に混ざって轟音を唸らせたキハ58急行「ときわ」です。










交流電化区間は走っている車両も、空気感も、みちのくの雰囲気です。常磐線は、みちのくに一番近い路線に感じます。







模型の世界では、103系から415系、455系へと繋がる上野〜仙台間の常磐線リレーがいつまでも走り続けます。

【記事の目次はこちらをご覧ください】

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング