いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【Bトレ改造】キハ35再チャレンジ

前回はこちらです↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2020/09/23/233754

3Dプリンタの研究を兼ねてキハ30をフルスクラッチしましたが、ちょっとイマイチな出来となりました。プリント物の表面を平滑にできず、そのために部品を傾けて印刷すると、宙に浮いた部分のサポート材がうまくいかず、その対策で厚み3ミリの分厚い外板にしたために、窓は全て切り抜いて埋め込まなければならず、、、という修業のような習作となりました。

が、出来上がってみると、なんとなくデカいのです、、、。
寸法を少し間違えました。というわけで再チャレンジすることにしました。

f:id:omocha_train:20200929012308j:plain

まず、格安3Dプリンタでの出力ですが、いろいろ試した結果、、、

f:id:omocha_train:20200929012409j:plain

このくらい綺麗には出せるようになりました!

やったことは、
・ベッドの歪みを直す
・温度設定をこのフィラメント推奨の下限である205度に下げる
・移動速度は遅めに
・肉厚は1ミリ
・端が乱れるので、周りにはみ出した部分を出力し、後で切り落とす
・片側を20度浮かせて斜めにする
・xy方向にも45度回転させる
・サポート材(同じ材料しか出ません)の設計はオート
などです。

今まで、温度が高すぎ、速度が速すぎ、固まる前に次のレイヤーが来て、前の層を乱してしまったのかも知れません。格安プリンタのせいにして申し訳ありません。


↑これの実力を侮っていました。。。

f:id:omocha_train:20200929012854j:plain
裏側のサポートはこんな感じです。

f:id:omocha_train:20200929012919j:plain
窓周りの輪郭が乱れてしまったので、窓も埋めて、後加工で穴を開けようとしましたが、失敗したので、プリント段階から窓は抜き、窓周りだけ肉厚3ミリにして補強したところ、綺麗に出力できました。

f:id:omocha_train:20200929013049j:plain
裏側のサポート材と、窓周りの肉厚3ミリ部分を切り落としました。

f:id:omocha_train:20200929013140j:plain
次にボディについて考えました。
前作では、車体サイズが狂ってしまったので、Bトレ製品をベースに改造することにしました。

買ってきたのは、「クハ79」です(たぶん、、、)

ポイントは、
・屋根とベンチレーターがキハ35に似ている
・絞りがないボディ
・戸袋窓ではなく、角ばった窓がドア横まで続いている
などです。これを加工しつつ、外吊りドアをつければキハ35に見えるのではないかと考えました。

、、、ちなみに前回のキハ30からキハ35になったのは、両運転台のタネ車が思い当たらなかったからです。

本当はトイレがないのでキハ36になりますが、キハ35と言い張ります。

f:id:omocha_train:20200929013602j:plain
当鉄道には縁が薄い旧国ですので、記念写真を撮ってから解体します。

f:id:omocha_train:20200929013645j:plain
側面はこのようになっています。窓側に描かれた枠が意外に太く、本体側の窓開口部が大きいです。

f:id:omocha_train:20200929013801j:plain
f:id:omocha_train:20200929013757j:plain
ウインドウシルとガラス側の窓枠をスティックヤスリで削ります。この後窓を磨いて、ある程度透明にできなければ、この作戦は企画倒れとなります。。。

f:id:omocha_train:20200929014041j:plain
f:id:omocha_train:20200929014045j:plain
ジャンクの415系から両開きドアを持ってきて、薄いプラ板と組み合わせて、外吊ドアやステップを作ります。ドア脇の窓は実車では狭くなっているので、薄いプラ板で塞ぎました。薄いので、ガラス窓は狭くせずに、薄く塞いだ外板の裏から、そのままガラスを取り付ける、という手抜き工作です。

f:id:omocha_train:20200929082151j:plain
ガラス窓をタミヤの400番、800番、1000番、2000番で磨き、一応透明っぽくはなりました。おそらく途中段階の番手をしっかり磨かないと、最後の2000番は効いてないかも知れません。キハの窓は汚いので、、、と無理やり納得しました。引き戸のところの窓は必要ないのですが、窓パーツはBトレ骨格を兼ねているので、除去せずに凸部だけ削って磨きました。

f:id:omocha_train:20200929082724j:plain
f:id:omocha_train:20200929082719j:plain
マスキングで隙間を開けて、銀のマーカーでサッシを表現しました。

f:id:omocha_train:20200929082849j:plain
f:id:omocha_train:20200929082900j:plain
f:id:omocha_train:20200929082854j:plain
ボディを塗ります。クレオスのキャラクターレッド、グリーンマックス のクリーム4号です。前回よりだいぶ良い出来になりました。

f:id:omocha_train:20200929083008j:plain
f:id:omocha_train:20200929083014j:plain
窓パーツをはめます。元モデルのドア両端の柱は、吊ドアの窓から見えてしまうので切り落としました。この時、4連窓の柱が細すぎて絶対に割れます、、、。
吊ドアをつけた後に、薄い白いプラ板を貼りつけて、ドア横の細い窓を表現しました。
窓パーツをはめた時に、この白いパーツが悪さしないか心配しておりましたが、なんとかなりました。

f:id:omocha_train:20200929083243j:plain
Bトレ基本構造を活かしているのでブロックパーツや屋根がそのまま付きます。後の車高調整時などに、この安定感は役に立ちます。

f:id:omocha_train:20200929083440j:plain
前回の寸法が少し大きいフルスクラッチとの比較です。だいぶ綺麗にできました。

f:id:omocha_train:20200929083530j:plain
前面は、ダイソー絵の具でHゴムのグレーを爪楊枝の先で塗ってから、窓をプラ板から切り出してはめ込みました。写真で見た新潟のキハ35のスノープラウがカッコよく、これにもつけてみました。時代的には前面強化型はまだなさそうですが、、、。寒地型にトイレなしのキハ36はなさそうですので、これはキハ35ということにします。

f:id:omocha_train:20200929083832j:plain
できました!

f:id:omocha_train:20200929083928j:plain
f:id:omocha_train:20200929083919j:plain
f:id:omocha_train:20200929083932j:plain

f:id:omocha_train:20200929083925j:plain
f:id:omocha_train:20200929083937j:plain
f:id:omocha_train:20200929083944j:plain
f:id:omocha_train:20200929083950j:plain
f:id:omocha_train:20200929083940j:plain
f:id:omocha_train:20200929083530j:plain
f:id:omocha_train:20200929083916j:plain

今度こそ、ごちゃ混ぜの気動車編成を楽しもうと思います。

f:id:omocha_train:20200929201554g:plain
f:id:omocha_train:20200930135151j:plain
f:id:omocha_train:20200930135049g:plain

【記事の目次はこちらをご覧ください】

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング