いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【Bトレ車両とN化】EF81トワイライト色

北の風景が似合うJR化前後の車両をショーティで集めています。

●EF81トワイライト色
●発売:トワイライトエクスプレスA/Bセット(2006年)、京都鉄道博物館(2016年)
●最近の入手難易度:★★☆☆☆

現在でも京都鉄道博物館向けのロビーカーとの2両セットは新品を売っているのを見かけます。トワイライトエクスプレスは、途中で黄色い帯に白フチが追加されたようで、2006年のセットはフチなし、鉄道博物館向けはフチ有り&ツヤあり塗装のようです。
2006年発売のセットは高値で取引されていますが、その割には出品機会は多いように思います。Bセットに入っている2段窓のオハネ25-510は、フル編成にしようとすると複数必要なため、この車両だけが中古に出回りません。当鉄道ではNゲージを切って自作しました。

トワイライト色のEF81は、A/Bセットに両方ついていたこともあり、中古に流れるタマ数は多かった印象ですが、それでも最近は見かけなくなってきました。

今回、ホビーセンターカトー で、EF81のスカートassyを手に入れましたので、圧倒的安定走行性を誇るポケットライン新動力とあわせ、Nゲージ化しようと思います。


スカートassyのカプラーをナックルタイプに取り替え、写真のように切ります。これで、機関車のお面の裏に取り付けられるようになりました。クイックヘッドマークの磁石も使えます。


機関車の黒ブロックの先端は、差し込みリブだけ残し、写真のように切りました。これで細い差し込みリブが、スカートassyの隙間に入っていきます。


組みました。やはりスカートassyを使うとカッコよいです。


これにカトーのポケットライン用コアレスモーター新動力を取り付けます。この動力は2軸ながら大変優秀で、カトーの小型車両用台車の車両ならウエイトなしで20両以上牽することができます。2軸のため、停車後の再始動時の集電に若干不安があるのが弱点です。

※走行テストの記事はこちらです↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/12/05/182444

ポケットライン動力は2種類あり、チビ凸電気機関車用の方は以前は無加工でBトレ機関車に取り付けられたようですが、新型になってからは結構加工が必要になったようです。


まず、スカートassyに変えたために当たる両端カプラーまわりを切り落とします。また、モーターカバーの四隅を削らないと機関車黒ブロック内部に当たるようです。


また、機関車黒ブロック内部の低い側にあるリブも、動力のモーターカバーに当たるようなので除去しました。


2軸なのでリアルさは落ちますが、これを補って余りある走行性能です。ちなみに今はほとんど売ってないバンダイ製4軸動力は、カプラーを切り落とせばスカートassyとの共存が可能ですが、クリアランスがなさ過ぎて調整が非常に大変です。特に急カーブに対応させたい場合に台車首振りスペースの無さに苦労しました。

できました。


この色のEF81はもちろんトワイライトエクスプレスを牽かせたいわけですが、20系や24系の深い青色との組み合わせも最高です。
日本海」や「つるぎ」そして、20系の臨時急行などを牽かせたくなります。


もちろんヘッドマークをつけて正調トワイライトエクスプレスの仕業にも入ります。


鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング