いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【全検】ED75-700主電動機更新

前回はこちらです↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/09/15/220654

東北のED75は他の番代に比べてスマートなスタイルの700番代が最後まで残りましたが、それも風前の灯となりました。

この機関車は、ブルトレに、貨物に、団臨に、50系に、なんでも使えてとても重宝します。

当鉄道ではバンダイ4軸動力によるN化がなされていましたが、カプラーを動力のものをそのまま使うために、カプラー首振りの幅だけスカートが大きく切り欠かれていました。

今回、奥羽本線的なミニレイアウトも開業しましたので、これを機にポケットライン動力+カトースカートassy化工事を行いました。

これが材料です。
車両、ポケットラインチビ電動力、スカートassy、ナックルカプラーなどです。

加工方法は以前のオリエントサルーン機と同様です(ので、今回は加工内容の記載を端折ります)↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2021/07/10/095550


スカートassyを、Bトレお面のリブがはまるように加工して、、、


ホース類らしきものをつけます。このへんの作業がなかなか精密にできません。。。


以前、おゆまるで作っておいたBトレLOCOシャーシ用の台車レリーフをレジンで量産して、、、


オーバーハング部を切ったポケットラインチビ電動力に貼り付けます。

ついでにED75-1000にも同じ加工をします。
こちらはスカートassy取り付けは終わっていましたが、ポケットラインのチビ凸動力がそのまま使われていました。チビ凸動力の台枠レリーフは、ハシゴやタンク表現があり、Bトレ機関車にはなかなか似合うのですが、少しずつ今回のダミー台車レリーフ工法に更新しています。

台車レリーフは4軸でも実際は2軸のポケットライン動力ですので、好みが分かれるところかも知れません。

説明を端折ってますが、スカートassyを取り付けるためにBトレ内部ブロックの前後リブ付近を削ったり、加工が必要で、ホース取り付けとあわせてなかなか時間がかかります。


出場しました!


早速あけぼの牽引仕業に入ります。


奥羽本線白沢〜陣場のお立ち台は、このくらいの目線に近い高さからの写真が一番多い気がします。


実際に撮れるのかわかりませんが、この下からあおり気味のアングルはカッコよいと思います。









【記事の目次はこちらをご覧ください】
【Bトレ製品の索引はこちらをご覧ください】
鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング