いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

仙台の電車

久しぶりに仙台に行きました。

カーブした新幹線のホームを降りると、歴代の名列車のトレインマークがお出迎えです。

これにはグッと来ました。

在来線ホームに降りると、721系の天下という感じです。

いまいち顔が好きになれなかったのですが、実物を見ると、交流電車独特の武骨なパンタまわりや、3扉クロスシートのゆったりした感じなど、なかなかカッコいいです。

ホームには「乗車案内」と書かれた緑色の縦書きのサインがあり、これは確か30年前にグリーンライナーや国鉄急行色の常磐線453系を撮影した頃から変わっていないように思いました。

↑19/12/3追加。乗車案内のサインは黒字だったようです、、、。

仙石線は地下化され延伸し、仙台色のキハ23が止まっていた広い側線は無くなっていました。

↑19/12/3追加。見たのはキハ28だったようです。

現在、名取から仙台空港への鉄道が開通しており、仙台〜名取は10-15分間隔くらいで走っているようです。東北本線の列車は白石行きが多く、たまに福島行き、北は小牛田行きか東北仙石ラインのハイブリッド車、あとは仙山線の愛子行きという感じです。
優等列車国鉄型の名残は一切ありません。

利府支線に乗るために北上します。
仙台電車区には複数の719系を見かけました。
その後、金太郎が多数佇む機関区を過ぎました。ここにはDE10はいましたが、ED75的なものは廃車体すらありませんでした。



利府支線は基本的に岩切からのピストン輸送のようです。時々仙台からの直通もあります。
701系は貫禄十分で、まさに古豪という感じでした。各地でレッドトレインを置き換えた田舎の平凡な通勤型、というイメージが少し変わりました。




最後に朝の上野駅の写真です。
17番線に佇む「ひたち」や、四季島の出発を控えてただならぬ空気感の13番線、そして地下で飛び交う「つばさ」「はくたか」「やまびこ」「たにがわ」「あさま)などの懐かしい愛称名など、形は変わっても上野駅上野駅であり続けるのだと思いました。

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング