いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【Bトレ改造】181系とき

雪景色の似合う国鉄車両をBトレで集めたり作ったりしています。今回は181系ときを作ります。

自分は東北本線の大宮の手前で電車を見て育ちました。時代は東北新幹線開業前夜。東北、上越信越、北陸、奥羽系統のL特急が、これでもかというほどやってきました。
本数が多いのは「ひばり」「あさま」「とき」で、その他は比較的レアだったように記憶しています。「はつかり」「やまびこ」「つばさ」「やまばと」「白山」「あいづ」「はくたか」、、、中でも「新雪」はとびきりレアでした。ちょうど53.10月改正あたりから採用された絵入りのヘッドマークに夢中になりました。
EF15が貨物列車を牽いて、武蔵野線のトンネルへ突っ込んでいきました。

ボンネット型の特急電車を見た記憶はもちろんあるのですが、485系なのか181系なのか定かではありません。

今、ファン誌などで改めて往年の上野駅の写真を見ると、181系ときが最後の活躍をしているのを見かけます。

国鉄特急色は、日本の自然の色によく映えますが、やはり緑色との組み合わせは最も魅力的です。「とき」の大型の絵入りヘッドマークを掲げ、短いスカートに、ボロボロの連結器カバー、山岳仕様を示す赤い帯をつけた181系は、オリジナル原型の栄光とはまた違う、最高にカッコよい姿に思います。

さて、切りつなぎ改造ですが、ジャンクのカトー製品が一両数百円で入手できましたので、これを切っていきます。

カトーの最新製品がどうなっているか知らないのですが(もったいなくて切れないので)、この181系は、ピン止め台車や側面と床板が一体成型の堅牢なスタイルなど、懐かしの構造そのものでした。
ボディ側の床板に、黒色のシャーシ板を重ねれば正確に高さと水平が出るので、ショーティー改造には非常に有難い構造です。

ディテール表現は昔の製品並みのそれなりですが、特急エンブレムやヘッドマーク周りなどを塗装するととても緻密な感じになります。これは元々のモールド表現がしっかりしているからだと思います。

さて冒頭に書いた「とき」のスタイルに寄せていくには、まずスカートを短くしてスノープラウをつけました。そして最大の特徴?となる下半分がグレーに塗られた連結器カバーも、それっぽく塗ります。山岳向け用の赤帯は、色紙を細く切って貼りました。


屋根を外すと、屋根と運転台内部のモールドが一体になっていましたので、運転台を塗装し、合わせて車内の座席も塗りました。

クハの屋根は素直に先頭側から車体長さで切断し、車端のモールドだけ反対側から移植しました。

モハはドア側から60ミリ程度でカットし、反対側の妻面を貼りました。1ドア車はショーティー化が楽です。

台車についてはタネ車のものをそのまま使うべく、カプラーを切断して、アーノルドカプラーの本体をボンドで直付けしました。強度は心配ですが、、、。




続きます↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/08/23/093152

【記事の目次はこちらをご覧ください】




鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング