いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

Bトレ用ミニレイアウト(すぐ遊ぶ用モジュール18・まとめ)

前回はこちらです↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2020/01/18/152736

水面も固まりましたので、まとめに入ります。
当鉄道では、分割式Bトレ用モジュールレイアウトにて列車運行していますが、組み立てにはそれなりの手間と時間がかかります。

分割式モジュールの全貌はこちらです↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/03/24/205821

ちょっとした運転や、改造車の試運転用に、小規模のレイアウトを作ることにしました。
今回のテーマは「厚み60ミリの縦の隙間に収納できることです。

よって山などは取り外し式となりました。


これが全体プランです。
トミックスのC140と177でエンドレスを構成しています。さすがにC103はキツイので避けました。
真ん中にリバース線を作り、客車列車の運転も飽きないようにしました。
また、右側の上下で、他のモジュールとつなげることで、中規模のエンドレスレイアウトを構成できます。この場合、接続先のモジュールもリバース線を持っているので、客車列車の自在な方向転換ができる予定です。

※詳しくはこちらをご覧ください↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/12/29/134316


架線柱は、山の中のポケットに仕舞えます。


山の上部は取り外して河原に磁石でくっつきます。これにより、レイアウトを立てて、縦の狭い隙間に収納することができます(バラストがポロポロ落ちてきますが、、、)

このため、河原は高さのある樹木やストラクチャーがありません。


反対の山の中には電池ボックスがあり、一応ホームに照明が灯ります。


大変雑ですが、ポイント付近には黒いウェザリングをしています。


高さ制限が厳しいレイアウトですが、地面のボードを掘り下げて、ささやかな川を作り、高さを切り詰めた小さな鉄橋を架けました。


このレイアウトのお立ち台のカーブです。キツめのカントをかけ、小さいなりにダイナミックなBトレ風景を見られます。



橋と川です。カトーのリアリスティックウォーターを使っています。


もう一つのお立ち台のリバース線S字カーブです。



駅です。

【記事の目次はこちらをご覧ください】

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング