いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【Bトレ車両】旧型客車スハ43系

北の風景が似合う車両をBトレで集めています。今回は旧型客車のご紹介です。

●スハ43系客車
●発売:パート8(2004年) ・客車 ・パート8
●最近の入手難易度★★☆☆☆

かなり初期の2004年にアソートで出て以来、何度かセット売りをされている旧型客車です。
自分は旧客の知識はまったくありませんでしたが、Bトレを通して知識や興味が広がりました。

旧客は奥が深くてなかなか体系的に覚えられませんでしたが、大雑把に言うと屋根が丸くて古いオハ35系と、代表的な急行型スハ43系が、高度経済成長期以降に活躍した代表的な形式のようです。鋼体化改造されたオハ61のグループは、自分のような浅いファンには、Bトレ的にしてしまえばスハ43と大体同じ、という感じです。



さて、このスハ43は見るからに旧式の客車ですが、80年代までは普通に走っていたというから驚きです。また、10系軽量客車よりも頑丈で乗り心地はむしろ良かった、などの逸話に触れると、この時代の客レに乗ってみたかったという思いが強まります。

東北新幹線開業前の上野口では、まだまだ様々なスハ43長編成による列車が発着していたようです。
常磐線EF80が牽く普通列車、EF58やEF57が牽く東北本線普通列車、上信越スジにはEF58が旧客鈍行を牽きました。EF62やEF64の牽引列車もたくさんあったのでしょうか。

そして「鳥海」「八甲田」「越前」などの夜行急行群は、10系や荷物車、郵便車、そしてスハ43を文字通り雑多に連結した、模型的には垂涎ものの編成です。

東北ではED71やED75磐越西線ではED77、奥羽本線ではEF71やED78、北陸ではEF70やEF81、非電化区間ではDD51などが日常的に客車列車を牽き、これはレッドトレインや急行型電車によるフリークエントサービスの開始まで続きました。



↑旧客を追いやった50系レッドトレイン。しかし、客車列車による鈍行列車自体が終焉を迎え、車両も短命に終わりました。


碓氷峠を越えた急行列車のイメージです。10系B寝台車とスハ43の座席車は、どちらが乗り心地が良かったのでしょうか?



旧客は令和の時代になっても高崎に健在で、やまぐち号向けには、最新技術で新製までされました。

高崎のEF65-500が牽く姿や、SLやゴハチなど、ネタ列車的な運転にも重宝します。




高崎のEF60やEF65-500引退のニュースも聞こえて来るこの頃ですが、動力車ほどは整備が難しくない気もしますので、いつまでも走り続けて欲しいです。

【記事の目次はこちらをご覧ください】
【Bトレ製品の索引はこちらをご覧ください】

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング