いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

【Bトレ改造】20系日本海81・82号

前回はこちらです↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2022/08/15/094553

Bトレ20系の帯のバリエーションはたくさんあり、少なくとも「3本帯客用扉帯あり」「3本帯客用扉帯なし」「2本帯客用扉帯なし」の3種類が存在するようです。
繰り返し発売されたのは、やはり全盛期の姿である3本帯客用扉帯ありの姿ですが、これも中古市場で窓Hゴムの表現が濃いバージョンを見たことがあり、発売時期によりいくつかのバリエーションがあるのかも知れません。

そんな中で、これらの写真を何度も再掲していますが、90年代に夢中になって追いかけたのは、末期の姿である2本帯です。






絵入りのL特急ヘッドマークから鉄道趣味に入った世代としては、20系の老体に大きな絵入りのマークを入れた末期の姿はたまらない魅力があります。




切妻のナハネフ23には貫通扉の両脇に小さなマーク掲出部があり、上野口の20系末期の臨時列車では「急行」「express」などが表示されている印象を持っていました。

が、調べていたところ、「あおもり」や「日本海」には、ここも絵入りにして、左右同じマークを掲出していた例があるようです。
しかも末期の大阪のナハネフは、白帯が妻面に回っておらず、10系のような渋い表情なのです。

今回、苦労して2本帯の20系がやっと集まったので、記念?にお面だけ作ることにしました。


種車はシークレットが手に入らず自分で塗り替えていたオニ23-1のお面です。青20号で塗ってあるので、青15号への塗り直しが必要です。



途中の写真があまりありませんが失敗しました、、、。

Hゴムを爪楊枝で描いていたら豪快にはみ出し、タプタプに吹いた青15号スプレーを爪楊枝の先につけてタッチアップしたところ、粘度が高くゴワゴワになり、それを1000番のヤスリで慣らしつつ、結局もう一度マスキングして薄く青15号を吹くなどなど、、、。


いきなり完成写真ですが、外観的特徴は実物写真を見るに、銀の貫通扉の幅が狭く、白いボディが幌の内側に見えています。2つの絵入りマークですが普通紙プリンタの解像度だとこんな感じです。これはそのうち良いシール用紙でやり直したいです。写真を見ると渡り板がなかったので削りました。







↑ちなみにこれが改造前の姿です。




カニ(カヤ)にもマークを貼りました。

工作の出来はイマイチなのですが、ものすごくカッコ良い車両です。20系客車、もう一度走っているのを見たいです。















【記事の目次はこちらをご覧ください】
【Bトレ製品の索引はこちらをご覧ください】
鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング