いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

Bトレジオラマの背景をつくる

撮影用の背景がボロくなってきたので、新しくしました。

※Bトレ用レイアウトについては、こちらをご覧下さい。
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/03/24/205821
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2019/03/23/120001

背景があると模型の風景は格段に良くなります。以前はiPadでいろいろ映して背景にしてみたりしましたが、やはり紙で出来たものが一番使いやすいです。

以前のものですが、ダイソーの工作用紙に両面テープでパソコンの出力写真を貼っていたので、テープの跡がだんだん変色してきました。


ネットで見つけた写真を適当なサイズに印刷します。自分は横長の写真に加工して、A4用紙2枚分くらいにしました。

横の長さが足りなかったので、写真を左右反転してつなげました。こうすると、つなぎ目の風景が綺麗につながります。うまくやらないと、不自然な対象形の風景になってしまいます。


下の方に近景の林を切り取って貼ります。


できました。



ついでに埃っぽい操車場近くの背景も作ってみました。

ちょっと緑が濃すぎて、大自然!という感じになってしまいました。

操車場背景も、写真にしてみると解像度の粗さも思ったより気になりません。



というわけで、特にBトレ用でもNゲージ用でも関係ない背景ですが、Bトレ用を作るときに1つ気をつけるべきことがあります。
それは、「バスや鉄道車両が背景に写っているときは、それがショーティになっていないとヘン」という問題です。

なかなかショーティ趣味は奥が深いです、、、

鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。 にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング