いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

Bトレセット商品〈相鉄〉 

【5000系】
f:id:omocha_train:20201129143838j:plain
●「2両セット」
先頭+中間
1000円
2007年1月25日発売。

●「4両セット」
先頭×2+中間×2
2310円
2009年2月19日発売。



【新6000系
f:id:omocha_train:20201129143838j:plain
●「旧塗装2両セット」
先頭+中間
950円
2003年9月27日発売。

●「新塗装2両セット」
先頭+中間
950円
2003年9月27日発売。
先頭車はアンテナあり・アンテナなしの2種、中間車はヒューズ箱1個・ヒューズ箱2個の2種の屋根パーツが付属。
箱の裏面に車庫のペーパークラフトが印刷されている。


7000系
f:id:omocha_train:20201129143838j:plain
●「7000系 2両セット」
先頭+中間
1000円
2004年11月6日発売。
前面パーツはジャンパ栓あり・ジャンパ栓なしの2種。
屋根パーツはパンタ付き・ヒューズ箱1個、ヒューズ箱2個、パンタなし、アンテナ付きの4種。


【新7000系
f:id:omocha_train:20201129143838j:plain
●「新7000系旧塗装 2両セット」
先頭+中間
1000円
2004年11月6日発売。

●「新7000系旧塗装 2両セット」
先頭+中間
1000円
2007年1月25日発売。



【10000系】
f:id:omocha_train:20201129143838j:plain
●「旧塗装 2両セット」
先頭+中間
950円
2003年2月1日発売。
前面パーツとスカート以外はJR東日本E231系と同じパーツ。このためドア窓の縁が出っ張っているエラーがある。
中間車はパンタあり・パンタなしの2種の屋根パーツが付属。


●「旧塗装 2両セット」
先頭+中間
1050円
2007年1月25日発売。
前面まわりの他、先頭車の屋根も専用パーツとなった。
HGシャーシ化。

●「新塗装 4両セット」
先頭×2+中間×2
2100円
2008年3月24日発売。
新HGシャーシ化。


【11000系】
f:id:omocha_train:20201129143838j:plain
●「塗装 2両セット」
先頭+中間
1260円
2009年10月10日発売。
前面*10、側面、先頭車屋根、スカートは新規制作。
中間車は2パンタ・1パンタ、パンタなしの3種の屋根パーツが付属。



【モニ2000形】
f:id:omocha_train:20201129143838j:plain
●「2両セット」
2019+2023
1000円
2019と2023では屋根パーツが異なる。
前面パーツは横浜方と海老名方で作り分け。
2006年9月25日発売。



【モヤ700形】
f:id:omocha_train:20201129143838j:plain
●「2両セット」
701/703+702/704
1000円


【ED10】
f:id:omocha_train:20201129143838j:plain
●「2両セット」
ED11+ED14
2006年1000円
9月25日発売。
ED11とED14では側面パーツが異なる。



※「Bトレwiki」様、「Bトレインショーティーのすべて」「Bトレインショーティー10周年記念ブック」などの各記事を参考にさせていただきました。
※写真はN化やパーツ取り付けなどを行っていますので、参考程度にご覧下さい。特に床下が製品と大きく異なります。
※再販時などに塗装やパーツの細部が異なる場合があり、写真は別のタイミングで発売されたものである可能性があります。

【記事の目次はこちらをご覧ください】
【Bトレ製品の索引はこちらをご覧ください】



鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング