いまさらながらBトレにハマる

ショーティーの模型を緩く楽しんでいます。東北新幹線開業前夜の特急電車群を見て育ち、90年代はカメラを持ってジョイフルトレインを追いかけました。集める模型も上野口から東北、上信越方面が多めです。※記載内容の全ては一個人の意見ですので所属している団体の見解とは無関係です。

三陸鉄道に乗る

三陸鉄道に乗るチャンスに恵まれました。

ずっと憧れていたものの、入り口の駅まで到達するのがなかなか大変です。

入り口の駅は、盛、釜石、宮古、久慈となります。
盛岡から宮古を通り釜石に至る山田線は、宮古〜釜石間が三陸鉄道に移管され、北リアス線南リアス線がつながり、長大な「三陸鉄道リアス線」となりました。

今回は宮古から入りました。盛岡〜宮古間のJR山田線はかなり本数が少なくハードルは高いです。途中分岐の岩泉線も乗れずじまいのまま廃止となってしまいました。。。。

盛岡から宮古までは、国道の名前を冠した特急バスが1時間ヘッドで運行されており、かなり便利です。都市間輸送については、山田線がこれに勝つのは難しいように思われ、一方で最近運行開始した「ひなび」のように、鉄路の旅そのものを楽しむ需要に掘り起こしていく方向性なのだと感じました。バスから見えた山田線の線路は、実に美しい風景の中を走り抜けます。


宮古駅前のバスターミナルは活況でした。

一方で、花巻と釜石を結ぶ釜石線は、距離も比較的近く、途中には遠野のような観光地もあり、陸中大橋の難所も歴史の生き証人のような感じで見どころが多いです。

昔、「急行陸中」を名乗った快速はまゆりは、指定席も連結され、ものすごい加速力で山地を超えていきます。

さて、それでは本題の三陸鉄道の様子です。


宮古駅には三陸鉄道のきちがあり、多彩な車両を楽しめます。JRのキハはどちらかというと脇役です。

↑駅横の駐車場より撮影

釜石行きの列車は旧山田線区間を走ります。
車内は平日にかかわらず旅行者と地元の方で盛況に見えました。

途中、かなり高く頑丈に守られた堤防が街を覆っていました。

風景に魅入って写真を撮り忘れていますが、名前が面白い吉里吉里駅や、ラグビー場のある鵜住居駅など見どころがたくさんです。ただ、いわゆる撮影名所は北・南リアス線に多いようにも思います。


転車台が見えると釜石に到着です。


宮古で見送ったあまちゃん列車が南リアス線のホームに停まっていました。



快速はまゆりは、最初ガラガラでしたが、遠野を過ぎるとなかなかの乗車率になってきました。
SL銀河の写真で有名な橋梁を通過します。

ユルい乗り鉄的にはずっと手が出せなかった三陸の路線。
30年越しの空白地帯は、以下の路線が少しだけ埋まりました。
三陸鉄道 宮古〜釜石
釜石線 釜石線〜新花巻(一駅残してしまい、、、)
仙石線 仙台〜石巻(前回乗車分)

【記事の目次はこちらをご覧ください】
【Bトレ製品の索引はこちらをご覧ください】
【令和版Bトレインショーティー入門はこちらをご覧ください】
鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング