いまさらながらBトレにハマる

全盛期を過ぎてからのBトレインショーティーに出会い、ハマってしまった悲喜こもごもを綴ります。

E3系こまちとシングルアームパンタ

前回はこちらです↓
https://omocha-train.hatenablog.com/entry/2022/06/20/205423



シングルアームパンタは苦手です。
模型だと、すぐ壊れるし、立たせ方も安定させにくく、なにより、自分がカメラ片手に列車を追いかけた頃には、そんなものはなかったからです。

ですので、最近は115系でさえシングルアームパンタに換装されたものがありますが、当鉄道では頑なに菱形パンダを搭載しつづけています。

しかし、生まれながらにシングルアームパンタを備えた車両は仕方ありません。
華奢で高価なカトーのパーツを買ってきて、載せ替えるしかないのです。


今回、新幹線こまちを2系列揃えて新幹線熱が高まっていますので、懸案になっていたE3系パンタのN化を進めてみました。



前回の記事に載せた図と写真です。屋根パーツが揃い、なんとか本物っぽい屋根カバーのつながりが出来たと思っていたのですが、大きな間違いがありました。

パンタの向きが間違っているのです。

今回再現しようとした編成は、上の写真のように6連で、両端の先頭車の隣がパンタ車です。

シングルアームパンタ(そうでなくても)は枕木方向に集電舟がついており、これはパンタを畳んだ時にE3系のパンタカバーに干渉します。なので、パンタが畳まれ、集電舟が来る位置のカバーには切り欠きが入っています。

この位置が上写真だと逆なのです。

パンタは編成に2つあり、それぞれ「く」の字型の繋がっている方が編成の外側を向いています。

屋根を外し、交換し、カトーのパンタパーツを接着します。
その過程で屋根パーツに差さるリブを折ってしまうという典型的ミスも、、、。


E3系のBトレにカトーのパンタパーツを付けるには、パンタ側の取り付け用のピンを切ってしまい、屋根側の4つのガイシモールドの上にゴム系接着剤を塗ってつけるのが良さそうです。ガイシとパンタパーツの足のピッチはぴったりでした。

集電舟が横を向いてしまうような気がしますが、まあ壊れやすいよりもいいかな、とも思います。


秋田新幹線の列車の整備がだいぶ進んできました。ローカルな風景と新型車両のギャップが楽しいです。

【記事の目次はこちらをご覧ください】
【Bトレ製品の索引はこちらをご覧ください】
【令和版Bトレインショーティー入門はこちらをご覧ください】
鉄道コム
↑ここをクリックして飛んでいただくと、より多くの方に見ていただけるようです。ご協力下さいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログ Bトレインショーティーへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング